居眠り講義 RSSフィード

2006-03-08 Wed

[]そろそろダイアリーblogもやってないけれど、わんわんワールド内では有名人という人が出てくるかも そろそろダイアリーもblogもやってないけれど、わんわんワールド内では有名人という人が出てくるかも - 居眠り講義 を含むブックマーク

どこのイベントにも参加していたり、恐竜が出現したらいち早く駆けつけたり、世界中の変な画像を網羅していたり、とか。とにかく、わんわんワールド生き字引みたいな長老ユーザーというのは、そろそろ現れるのではなかろうかな、と。


はてなを利用してて気がつくのは、どのサービスでもそれぞれ存在の光る人はいる、ということで、例えば人力検索で的確な解答をする方、はてなブックマークでの大旦那、アイデア不具合などの発見などに優れている方など、それぞれの明るい分野で存在感のある活動をされている人たちが大勢います。


それがダイアリーだともうちょっと細分化されていて、論壇系、ネタ系、ブログ論系、はてな論系、日記系、アイドル関連などなど、それぞれの得意な話題で議論を重ねていたり、情報交換をし合ったりしていますね。

ただ、私自身もそうなのですが、異なるジャンル間の交流が盛んか?というと決してそうでもなく、共通の話題で話すことはあっても、なかなか分野の違うダイアラーとの交流はあるわけではありません。

そういう、上でいうところの細分化された垣根を越えれるのが、わんわんワールドなんじゃないかなと思います。

身一つで乗り込めるというか、気軽というか。


それでちょっと話は変わって、

シナトラ千代子 - ブログのエントリにはツンとデレがあるのだから

こちらで初めて知ったのですが、d:id:churchill さんって有名な方なのね、全然知りませんでした。

かなり以前よりはてな人文系(?)の人々から注目されていて、「誰が一番最初に目をつけたか」でささやかな争いが繰り広げられているほどおれはおまえのパパじゃない - 本日の踊る!椅子落ち賞


というほどの、有名ダイアラーとは気がつかず、そう言えばわんわんワールドで会ったよなぁ・・・・と調べてみたら、わんわんワールドでともだちリストに入ってました。

確か普通に挨拶くらいで、これといって話した内容は憶えてないけれど、なんというか、普段あんまり交流のない方で、おそらくこれからもトラックバック飛ばすことの無いような人とも、犬同士で会話できたというのが、今更ながら新鮮な印象です。

考えてみれば、ログが残らないということもあって、はてなスタッフとも割と気軽に話せるのも、わんわんワールドの特徴ですね。


前にも書きましたが、わんわんワールドで話した人の日記って気になって、つい読んでしまいますし、ユーザー同士の交流などには面白いツールだよなぁと思ったり。


ダイアリーでは辛口だけれど、犬だと優しい口調とか、その逆など、それぞれのいつもと違った面も垣間見れたりするのも、面白いかもしれません。



結局 何が言いたいかというと、みんなで わんわんワールドやればいいじゃない、ということ。最近人が減ってきているので、軽くなってきたし、交流にはオススメですよ。

そして d:id:churchill さん卒業おめでとうございます。

トラックバック - http://dogfood.g.hatena.ne.jp/rikuo/20060308